下の2番目の歯が乳歯が抜けるより早く出てきてしまい後ろに生えてきています。

和歌山県7歳女児


下の2番目の歯が乳歯が抜けるより早く出てきてしまい後ろに生えてきています。
また全体的に顎が小さく、レントゲンで見た永久歯が大きいので確実に乱杭歯になるだろうと言われました。

矯正を考えているのですが効果がありそうなら手軽そうなプレオルソを始めたいです。
(たまに口呼吸をしている時があるのでそれの改善にもいいのかなと思っています)
しかし効果があまりなくて結局床矯正をするのなら初めから床矯正をすれば時間もお金も無駄にせずにすむのではないかと悩んでいます。
今年で8歳になりますが、早くした方が効果があると言われたのですごく焦っています…
カウンセリングよろしくお願いします。


A.こんにちは、太田矯正歯科クリニックの太田です。
お悩み相談ありがとうございます。

相談内容に書かれている内容の治療方法も考え方としてはあると思います。
矯正治療には、色々な考え方、治療方法がありますので悩まれて当然だと思います。治療方法、診断の違いはクリニックによって違うと思います。似る事はありますが、治療開始時期、治療終了時期の考え方も違いがあると思います。

当クリニックの場合は、現状より治療に取り掛かることはございません。
これから顎骨の成長発育もありますし、永久歯への交換もありますので第一小臼歯が萌出するまで定期的な経過観察となります。

一例を挙げればこのような症例もございます。

乳歯の形態調整のみで、経過観察のみで自然に改善がみられた症例です。
一般的に乳歯の奥歯より、後継永久歯の方がサイズが小さい(リーウェイスペース)ので、そのようなスペースも交換に利用できます。
皆様全員がこのような改善が見られるわけでなく交換期の途中で、矯正治療を検討する場合もありますし、永久歯に交換後に開始する場合もあります。
どのような治療方法でも、治療を受けられる方とドクターの信頼関係が大事になります。
患者様が、納得の上、治療を始められるのが良いと思います。

太田 安彦

太田 安彦

皆様の健康と笑顔を守る矯正歯科医療を目指します。